タロット意味:09 隠者(逆位置)


カード概要

キーワード

観照、内省

カードの説明

ランタンを持った老人が、佇んでいます。マルセイユ版では、老人はランタンを見つめていましたが、ウェイト版では、老人の視線は足元に注がれ、そして、ランタンも、先ではなく、彼の足元を照らしています。のページで、アーサー・ウェイトが、「力」と「正義」の順番を入れ替えたことに触れましたが、「力」の次に、この下を向いた「隠者」が来ることによって、彼がその目に何を写そうとしているのか、窺い知ることができます。
「なかったのだよ。わたしと獣の境界なんて。」
「戦車」で向き合わなかった獣に、「力」では正面から向き合いました。「戦車」の獣は二項対立の形で描かれていましたが、その二項対立は「力」では脱構築され、自らの中の「恐れ」という形で一匹の獣になりました。しかし、獣を見つめているうちに、さらに、気がついてしまったのです。
「この獣は、どこから来たのか。言うまでもなく、『わたし』の中だ」
「力」では、女性と獣は独立していました。飼い主である「理性」が「本能」という獣と向き合うことによって、「本能」を手なづけることができることを表していました。さて、ではその「理性」と「本能」はどこから来るのでしょうか。「理性」と「本能」はどちらも、同じ一人の人間の中に宿っているものです。「本能」と「理性」が向き合い、観照を続けるうちに、そもそも、「理性」と「本能」という区別すら必要なくなってしまった。さらに脱構築が進んだ状態がこの隠者の姿なのです。
よく漫画などで、自分の頭の中で良心の天使と本能の悪魔が戦う描写がなされます。しかし、それは言うまでもなく、すべて「独り言」なのです。つまりは、自分自身を見つめて、語りかけることによって、理性も本能も超克することができる、その手前にいるのがこの隠者ということなのです。「戦車」「力」「隠者」と、書かれているモチーフが、3、2、1と減少してきています。バラバラになっていた自我を統一するためには、まず、一つとしての自我を認識することが必要であると、隠者のカードは告げています。

逆位置の隠者「わたしは誰かを『拒んで』いるわけじゃないんだ」

逆位置では、隠者の「観照」「内省」といったキーワードをネガティヴに解釈していきます。
さて、正位置の隠者の記事で、ネズミの隠者の姿に、レオ・レオニのフレデリックを思い出したことを書きましたが、上の隠者の説明で、「わたしと獣の境界なんてなかったのだよ」と、書いたとき、Bloodboneのガスコイン神父や、ヘルシングのアンデルセン神父を思い出しました。個人的にはどちらも大好きなキャラクターですが、逆位置の隠者が警告するのは、アンデルセン神父のような、「狂信者」的な姿勢ではないかと感じています。

本来の意味での隠者とは、俗世を離れてすまう、賢者のような存在です。この隠者は、俗世間の人々からは、しばしば、「気難しい」存在として捉えられます。
百人一首の中に、「わが庵は都の辰巳しかぞ住む世を宇治山と人はいふなり」という喜撰法師の句がありますが、都の辰巳(東北)の宇治山に住む世(私)を、世間の人は、「世を憂じて」住んでいると評価していようだ、と彼は詠っています。もちろん、法師の歌は世人を非難しているわけではなく、(これだけ掛言葉がたくさんある歌ですから)いわゆる「洒落」や「ネタ」で言っているのでしょうが、この歌が百人一首に選ばれているということは、「人里離れて住んでいる=世を憂いている」という認識が、人々の中で違和感なく、自動的に成立することの表れでしょう。
隠者自身がどう考えているかはさておき、俗世間から見たら、隠者は、他者とのつながりを「拒絶」しているように見えるのです。そしてこれが、「内省」「観照」のネガティブな側面です。

冒頭のアンデルセンの話に戻ります。アンデルセンは作中で、孤児院の子供達に、「いいですか?暴力を振るって良い相手は悪魔共と異教徒共だけです。」と説明しています。熱心(すぎる)彼に取って、信仰を共有できない異教徒は悪魔と同じ排除の対象なのです。

自分と向き合う姿勢、観照の時間は、真理を探し求めるためには大切なことですが、自分以外の真理を一切認めず、他者を「拒絶」するところまでエスカレートしたら、それはやりすぎです。

「君が何かの真理を見つけたとしても、それ以外が不正解だという証明には全くならない。私は、誰も拒んでいない。孤独は拒絶の証ではないのだ。」

逆位置の隠者は、「孤独」を尊重することと、他者を「拒絶」することには大きな断絶があることを、あなたに警告してくれています。本当に正しく「孤独」になれる人は、他者の「孤独」や「立場」もまた、尊重できる人なのです。

このカードからのアドバイス

一般的なアドバイス

自分の意見や立場に固執しすぎないようにしましょう。
日和見的に他人の顔色を見て、コロコロと意見を変えるのはよくありませんが、自分の意見を決して曲げないのも、また問題です。
あなたはこれまでいろいろなことを考え、じっくりと問題に取り組んできました。しかし、あなたの真剣さは、他者を拒絶する免罪符にはなりません。
じっくり一人で考えることと、他者の意見を受け入れる余地を残すことは、背反しません。あなたの意見と同じように、他の人の意見も大切にしましょう。そして、あまり、関係を拒絶しすぎないようにしましょう。

恋愛向けのアドバイス

心を閉ざしすぎないようにしましょう。
悲しいことがあったり、自分が尊重させていないように感じた時に、自分を守るために、他の人から距離を置くことは決して悪いことではありません。ですが、次のステップに進むために、あなたの方から歩み寄らなければいけないこともあります。
あなたを大切にすることと、他者を敵とみなして拒絶することは全く異なります。
あなたの思いをあなたの中だけに閉じ込めないで、相手の人や、友達とも分かち合いましょう。
もうあなたは十分に悩み、苦しみました。今はドアを開けて、一人で悩む時間に終止符を打ちましょう。

お仕事・転機に向けてのアドバイス

固定観念に囚われていないか注意しましょう。
これまで生きてきた中で、あなたはいろいろなことを考え、そして、いろいろなことを蓄えてきました。その蓄えてきた知識や経験がこれまで何度もあなたを助けてきたことでしょう。しかし、過去の体験が必ず今目の前にあることに適応できるとは限りません。また、あなたに経験や知識があるように、他の人にもあなたと異なる経験や知識があります。
あなたの体験と違うからといって、否定から入ったりしないで、柔軟に他者の意見も受け入れていきましょう。
柔軟な姿勢が、今のあなたには新たな局面を切り開くことになりそうです。

参考画像・文献

ウェイト版の図柄


By パメラ・コールマン・スミス Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像。ファイルは http://www.sacred-texts.com/tarot/ より

マルセイユ版の図柄


By Jean Dodal (http://www.tarot-history.com/Jean-Dodal/) [Public domain], via Wikimedia Commons

参考文献

L.レオニ「フレデリック」

説明文中で引き合いに出したアンデルセン神父やガスコイン神父の引用元はこちら。

今すぐタロット占い体験してみませんか?


むぎのタロット オンライン鑑定



お悩み事、お困りごとをオンラインで相談してみませんか?
1件1000円から、以下のメニューからお悩み相談が可能です。


また、以下のページからココナラに新規ご登録いただくと、無料ポイント300ポイント(300円分)をおつけすることができます。


ご利用ください。


可愛いタロットをゲットしよう!


このサイトで使っている可愛いタロットカードをいますぐ手に入れてみませんか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

小学校の時にタロットに出会って以来、かれこれ20年以上タロットを取り扱っている。多くの人を占うだけではなく、自作のタロットを作るに至る。大学では分子生物学を専攻。趣味はイラストとゲーム作り。本業の傍ら、タロットを自由に楽しむ人が増えればいいなという思いからサイトを作る。