タロット意味:16 塔(正位置)


カードの説明

空から降る雷のようなものが、高い塔を破壊しています。破壊された塔からは意味ありげな王冠と、身分の高そうなひとびとが落下しています。この絵を見て「バベルの塔」を想起する人も多いでしょう。「タロットカードが何だか恐ろしい」とおっしゃる人は、きっとこの塔のようなカードが出てしまうのを恐れているのではないでしょうか?しかし、このカードのマルセイユ版に書かれた文字は「LA MAISON DIEU」=神の家です。これは「La Maison De Feu」=火事の家の誤写という説もあるそうですが、どちらにしろ、これは本来Maison=家であり、TourないしTorre=塔ではないのです。また、マルセイユ板では天から降り注ぐものは、雷と言うより、水かなにか、もっと柔らかいものに見えます。であるにもかかわらず、ウェイト版ではこのカードに描かれているものは「THE TOWER」であると言い切り、また、建造物の頂に降り注ぐ雷は鋭利な矢印の形をしており、この建造物に対してより、破壊的な力をもたらしている印象を与えます。「外的な力により破壊される建造物と、その被害を被る権力と人々」というモチーフを、マルセイユ版では「固定概念を打ち破る神からの恩寵」として描き、ウェイト版では「いかなる強固な権力も、一瞬の天災で崩れ落ちるドラマ」として描いているような印象を受けます。

1つ前の「悪魔」のカードが人の心の弱さがもたらす「人災」を表していたのに対し、「塔」は人の力ではどうしようもない、いわば、「事故」を表しています。さて、旧約聖書のヨハネ黙示録には地上のありとあらゆる富と権力を集めながら、一日のうちに神によって滅ぼされてしまう「大淫婦」が登場します。「大淫婦」は大都市バビロンの寓意ですが、地上ではかつて、様々な国が生まれ、栄華を極め、滅びていきました。

暴君や政策の不備のような、「人災」で滅びた国もあったでしょうが、しかし、理想的な統治が行われていたとしても、「不滅の国」などは存在しません。この地球で、数多くの繁栄を極めた生物が絶滅したように。

このカードが表現しているのは、そう言った「避けることのできない災害」です。

しかし、雷を受けて倒れた木の足元から、それまでその木に遮られて成長できなかった新たな植物が芽を出すように、それがいかに人間の側から見たら不条理なものであったとしても、破壊による撹乱もまた、恩恵たり得るものなのです。

人事を尽くしても、それをあざ笑うかのように降り注ぐ災いに対して、悲嘆にくれたり、それを理由に積み上げることをやめてしまうのではなく、その破壊を変化を齎す「撹乱」と解釈して、傷が癒えたら歩き出すことができるか。このカードはそう言った種類のレベルアップを即しているのではないでしょうか。

正位置の塔「仕方ないって。だって起きちゃったんだもん。」

あなたが大事な人と待ち合わせをしている時、あなたの大事な人が、前の日に散々遊びまわって、寝坊して大遅刻をしてきたら、あなたは相手を責める権利があるように感じるでしょう。しかし、その人の家が記録的な大豪雨で流されてしまい、あなたとの待ち合わせに来れない、という状況であれば、あなたは相手を責めることなど思いつきもしないでしょう。
「塔」は破壊的な状況を示すカードですが、その破壊的な状況は「自分の弱さ」が堕落を齎す「悪魔」と違って、「どうしようもない」災難です。

「ああああ、せっかく頑張ってレンガを積んだのに!綺麗なお花も飾ったのに!

聖書に描かれる神は、もともと一地方の荒れ狂う嵐の神であった影響か、ほんの些細なことで人を裁きます。聖書の中で、悪魔は数えるほどしか人を殺しませんが、神は容赦なく街を滅ぼし、立派な人物にすら、途方もない試練を与えます(ヨブ記)。「不義を重ね、傲慢であったから天罰が下ったのだ」と、言われてしまえば仕方ないのかもしれませんが、その、神に対して「傲慢」だと言われた人々も、方法論に問題があったとしても、懸命に働き、富をつみあげたことは間違えがないでしょう。

「…あ、でも、『何にもないところ』がこれで生まれたよ。」

私は、この塔というカードに説明しがたい「可愛らしさ」を感じます。「ダメな時はダメだって。」みたいな、さっぱりとした開き直りを感じるのです。

私自身、20代の後半で突然悪性腫瘍になり、手術や放射線治療、抗がん剤の治療を行いました。抗がん剤で髪が抜けてしまうのは、とても悲しい事でしたが、その後生えてきた髪は、元の髪よりもずっと綺麗な髪でした。これは極端かもしれませんが、生きていく中で、どうしても避けられない災害や不幸はあるかもしれません。しかし、森に落ちた雷が、大木を倒し、その大木の根元から新しい命が育つように、自力では絶対に壊せない大切な物を「手放し」て、新しいものを取り入れる機会である、と、割り切ってしまえば、それは新しいチャンスになります。

オリジナルのタロットカードを作る時、私はこの「塔」のカードを「一周回ってもう笑うしかない」みたいな能天気さで描きたいなと思い、そんな形で仕上げてみました。

災いは避けられません。しかし、災い転じて福に出来るかどうかは、あなた自身にかかっているのです。

このカードからのアドバイス

一般的なアドバイス

状況を受け入れましょう。あなたはひょっとしたら、現在危機的な状況にあるのかもしれません。あるいは、将来起こりうるトラブルに頭を悩ませているかもしれません。
どれほど努力してもどうしようもないトラブルはたくさんあります。しかし、トラブルによる破壊を嘆くよりも、その破壊を受け入れて、ゼロベースで考えることができれば、それは乾坤一擲の大チャンスになるかもしれません。
夜明け前が一番暗いとはよく言ったもので、歴史的な偉人たちの多くは、深い絶望の中から新しい一歩を歩みだしました。
状況を嘆くより、ただ、受け入れて、ゼロベースでスタートしましょう。
崩れたレンガを嘆くより、そこにどんな新しいものが作れるか考えてみましょう。

恋愛向けのアドバイス

変化やトラブルを受け入れましょう。このカードを引いたあなたは、急な環境の変化や、関係の変化に戸惑って途方に暮れているかもしれません。愛は人間の持つ強い力ですが、あなたの愛とは無関係に起こるトラブルや、相手やあなた自身の変化はありうるでしょう。
しかし、自分が動いてもどうしようもないことに嘆いたり、必死に否定したりするよりも、その変化を受け入れて、「あなたが本当はどうしたいのか」に今こそ目を向けましょう。
割れたグラスは元に戻らないかもしれません。ですが、グラスが割れたら、新しいグラスを買ったり、グラス以外のものを試したり、そもそも飲み物を飲まない選択肢は生まれてくるわけです。
変化やトラブルを受け入れて、新しい一歩を踏み出しましょう。

お仕事・転機に向けてのアドバイス

破壊をチャンスに変えましょう。世界の変化は加速度的に進んでおり、今ある仕事の大半が、未来には無くなってしまうのではないかと言われています。また、苦心して手にれた技術であっても、すぐに時代遅れになってしまうこともあるでしょう。変化を恐れ、少しでも美味しいわけ前にあずかろうと必死になって生きることもできますが、いっそ、その状況の破壊を受け入れ、流転を楽しむことができれば、あなたはどんな激動の中でも優雅に泳いでいくことができます。破壊を恐れるよりも、あなたの心のエネルギーを解放して、破壊された状況を楽しんで、前に進んでいきましょう。大きなタワーが壊れた後に、もう一度同じようなタワーを建てるよりは、新しい建物をたくさん作ったほうが楽しいのではないでしょうか?あなたの心のままに、破壊をチャンスに変えましょう。

参考画像・文献

ウェイト版の図柄


By パメラ・コールマン・スミス Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像。ファイルは http://www.sacred-texts.com/tarot/ より

マルセイユ版の図柄


By Jean Dodal (http://www.tarot-history.com/Jean-Dodal/) [Public domain], via Wikimedia Commons

参考文献


1000円であなたのお悩み解決します

あなたのお悩みを、可愛いタロットカードでもっと具体的に、もっと詳しく解決させていただきます。初めての方限定、1000円でなんでも一件鑑定させていただいています。ご利用者様ほぼ全員から最高評価をいただいた鑑定を体験してみませんか?

招待コードをご利用いただくと、300円分のポイントがキャッシュバックされます。

お陰様で上記ののワンコイン鑑定はすぐにいっぱいになってしまいます。上のメニューがいっぱいの時は何度もやりとりができて、じっくり占える以下のコースもご利用ください。




可愛いタロットをゲットしよう!


このサイトで使っている可愛いタロットカードをいますぐ手に入れてみませんか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

小学校の時にタロットに出会って以来、かれこれ20年以上タロットを取り扱っている。多くの人を占うだけではなく、自作のタロットを作るに至る。大学では分子生物学を専攻。趣味はイラストとゲーム作り。本業の傍ら、タロットを自由に楽しむ人が増えればいいなという思いからサイトを作る。