タロット意味:08 力(逆位置)


カード概要

キーワード

理性、自律

カードの説明

柔らかな衣装を身につけた女性が、猛獣と向き合っています。あろうことか、彼女は猛獣の大きく開いた口に手をかけています。それでも彼女は平然としています。マルセイユ版とウェイト版にそこまで大きな構図の違いはありませんが、マルセイユ板では、女性がライオンの上にまたがって、「征服している」印象を与えるのに対して、ウェイト版では、女性はライオンに優しく寄り添い、その口を大きく開かせています。また、ウェイト版では、魔術師の男性のように、彼女の頭上にはウロボロスのマークが描かれ、彼女が神性を持った存在であることが描かれています。
マルセイユ板では、このカードは11番目に置かれていますが、ウェイト版では正義と順番が入れ替えられ、9番目のカードとなりました。アーサー・ウェイトはこの入れ替えに関する明確な説明を残していません。しかし、「戦車」の次にこのカードが来ていることに、わたしは、意味を感じます。
「ちゃんと向き合えば、鎧なんて必要ないのよ。あなたが、恐れている、そのもの自身に。」
一つ前の戦車の絵にも猛獣は描かれていましたが、戦車の青年は鎧を身にまとい、猛獣たちと彼が向き合うことはありませんでした。彼が猛獣を扱えていたのは、彼が猛獣に対して一切の意識を払っていなかったからです。まるで、巨大な潜在意識の上に、潜在意識に対して直接は無意識な顕在意識が乗っているように。しかし、彼女は柔らかな衣服しか身にまとっておらず、かつ、猛獣としっかりと向き合っています。猛獣は一番の武器である牙で嚙みつくどころか、その牙をしっかりと掴まれてしまって、彼女に為すすべがないようです。
「誰の心にだって、けだものがいるわ。あなたがそれに向き合いさえすればいいのよ。」
わたしたちは、自分の弱さや、情動に対して、つい、それを抑えこもうとしたり、目を背けたりしようとします。魔術師の項目でも述べましたが、ニーチェは、人の成長の3段階の2段階目に、「汝なすべし」のドラゴンと、「我は欲す」のライオンの対決を置きました。「我は欲す」のライオンに対する対処の1つの答えが、ライオンと徹底的に向き合い、ライオンを受け入れることであると、この「力」のカードは説明しているような気がします。
理性と本能は力づくで対決するものではありません。理性が自分の本能の存在を認め、その荒々しさも含めたすべてと向き合うことで、理性は本能を手なづけることができるとこのカードは告げています。

逆位置の力「あら、まるであなたが獣みたいね。」

逆位置では、力の持つ「理性」や「自律」と言ったキーワードをネガティブに解釈します。
さて、もう一度力のカードを見てみましょう。やはり、ここでも「戦車」と「力」を並べて比較することで、「力」がネガティブに解釈されたらどのようになるかがわかってきます。
「力」の女性が獣を手なずけることができたのは、彼女が臆することなく、獣の瞳をしっかりと見据えて、その口に手をかけることができたからです。彼女の穏やかな表情、やわらかな衣装が、彼女が決して獣と「対決」する気はないことを示しています。「アリーテ姫の冒険」というお話の中で、数々の騎士を振り落としてきた暴れ馬を、小さな女の子(アリーテ姫)が乗りこなすことができたのは、彼女が騎士たちと違い、鎧で武装しておらず、「どうしようもない荒くれ者の馬」ではなく、「草原に暮らす一匹の馬」として向き合ったからでした。「力」の女性のあり方はまさに、このアリーテ姫のようなあり方です。
しかし、「対峙」と「対決」を履き違えて、暴れ馬に振り落とされた騎士たちのように、「力」の獣と向き合ったらどうなるでしょうか?力が逆位置で出るときには、「恐れ」に反射的に「敵対」してしまう、「強さ」のふりをした「弱さ」を、指摘されています。
「あなたまで、獣になっちゃいけないわ。」
「恐れ」を「抑え込む」には、あなたが「恐れ」以上に恐ろしい獣に成る必要があります。それは一見「強い」ように見えるかもしれません。しかし、「弱い犬ほどよく吠える」のです。あなたが本当に「強い」のであれば、そもそも、「恐れ」を押さえ込んだり、攻撃したりする必要はないのです。「力」が逆位置に出るとき、「力」の無さが指摘されているのではありません。見せかけの「力」、恐れを受け入れ、克服する「愛」の強さではなく、恐れの反動、恐れに恐れで対抗するような見せかけの強さにとらわれてしまっていないか、指摘されているのです。

このカードからのアドバイス

一般的なアドバイス

自分の弱さを認めましょう。あなたはこの問題に対して、「なんでこんなに頑張ってるのに状況が改善しないんだろう」とか、「なんで私にだけこんな運の悪いことが起こるのだろう」と、嘆いているかもしれません。しかし、あなたが頑張ることと、問題の解決の本質は、実は無関係です。あなたが何か不利益を被っていることは、問題に対する免罪符にはなりません。
ひょっとしたら、あなたが感じている苦痛は、問題そのものというより、問題に向き合うことによって、感じてしまったあなた自身の至らない部分であったり、認めたくないあなたの一面そのものかもしれません。
嫌いな他人に向き合う以上に、自分の中の嫌な自分と向き合うのはとても辛いことです。
しかし、その「嫌」というジャッジを下しているのは、ほかならぬあなた自身です。
弱さ、醜さも含めて、自分全体と素直に向き合いましょう。どれほどあなたに不足があり、どれほどあなたにあなた自身が受け入れられない側面があったとしても、あなたの存在、命そのものはいつでも完全です。たった一人のかけがえのないあなたと向き合い、大切にする決意を固めるところから、問題解決を始めましょう。

恋愛向けのアドバイス

共依存のような関係になっていないか、見直してみましょう。
お互いが、尊敬しあい、足りない部分を補い合い、手と手を取り合って生きて行くパートナーシップはとても美しいものです。しかし、それが、「あの人はわたしがいないと生きていけない」という、誤った承認欲求の満たしあいになってしまうと、お互いがお互いの足りない部分を探し合い、不足を理由に繋がり合うような共依存の関係になってしまいます。
自立と、孤立は違います。
真のパートナーシップとは、しっかりと自立した二人が、お互いを、そして自分を一人のかけがえのない人間として認め合った上で、成立するものではないでしょうか?
これは、あなたがたとえ、経済的に相手に依存している場合であっても変わりません。
自立は恥ずかしいことでも、可哀想なことでもありません。お互いが自由なまま、お互いを尊重しあって、信頼しあって、つながれているかどうか、今一度見直してみましょう。

お仕事・転機に向けてのアドバイス

あなた自身の意見、ビジョンを明確にしてみましょう。
今あなたは、現在置かれている環境に何か不満があるかもしれません。「わたしだったらこうするのに」「何でこんなこと」
働いていると、どうしても不満が出てくることはあります。
さて、あなた自身に、あなたの働き方に対する明確な意見やビジョンはあるでしょうか?ここでいうビジョンや意見というのは、不満や恐れに反応して、「安定した収入が欲しい」「もっと自分の時間が持ちたい」と言った、「現状叶えられていないことを改善して欲しい」ということを言っているだけのものではありません。
仮に、あなたに十分な時間やお金がある時に、あなたはどんなことをやっていけるのか、一切の制限がないなら、あなたは心からどんなことがやりたいのか、という意味です。
不満や不安は探せばいくらでも見つかります。しかし、あなたが先に明確なビジョンや意見を持っていて、かつ、それを実行してしまえば、不満や不安の入り込む余地はありません。あなたの意見、ビジョンを明確にしてみましょう。

参考画像・文献

ウェイト版の図柄


By パメラ・コールマン・スミス Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像。ファイルは http://www.sacred-texts.com/tarot/ より

マルセイユ版の図柄


By Jean Dodal (http://www.tarot-history.com/Jean-Dodal/) [Public domain], via Wikimedia Commons

参考文献

D.コールス「アリーテ姫の冒険」


1000円であなたのお悩み解決します

あなたのお悩みを、可愛いタロットカードでもっと具体的に、もっと詳しく解決させていただきます。初めての方限定、1000円でなんでも一件鑑定させていただいています。ご利用者様ほぼ全員から最高評価をいただいた鑑定を体験してみませんか?

招待コードをご利用いただくと、300円分のポイントがキャッシュバックされます。

お陰様で上記ののワンコイン鑑定はすぐにいっぱいになってしまいます。上のメニューがいっぱいの時は何度もやりとりができて、じっくり占える以下のコースもご利用ください。




可愛いタロットをゲットしよう!


このサイトで使っている可愛いタロットカードをいますぐ手に入れてみませんか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

小学校の時にタロットに出会って以来、かれこれ20年以上タロットを取り扱っている。多くの人を占うだけではなく、自作のタロットを作るに至る。大学では分子生物学を専攻。趣味はイラストとゲーム作り。本業の傍ら、タロットを自由に楽しむ人が増えればいいなという思いからサイトを作る。