タロット意味:20 審判(逆位置)


カード概要

キーワード

復活、奇跡

カードの説明

天使がラッパを吹き鳴らし、棺桶から人々が起き上がっています。人々は天使をたたえ、その奇跡の恩恵に預かっているようです。マルセイユ版とウェイト版を比べてみても、構図にそれほどまでに変化はないようです。

さて、このカードのタイトルである「審判」=JUDGEMENTとはどういう意味なのでしょうか?

「来る日に私はあなた方を訪れる。そして、あなた方は選別される。」

このカードで描かれているのは、新約聖書の「ヨハネ黙示録」の最後の審判の光景です。ヨハネ黙示録の最後でサタンや偽預言者たちは滅ぼされ、すべての死者は蘇り、命の書に名前のあるものだけが、新しい天地に住まうことを許されます。つまり、この天使は「破壊」の後にやってくる奇跡です。

「悪魔の誘惑も、災いの塔も、裏切りと欺瞞の痛みの月にあってもなお、太陽のごとく前に進むことを選んだ子羊こそ、「選別」される存在なのです。」
天使と人々が並ぶ絵柄としては「恋人」がありますが、「恋人」に描かれた男女は天使を見ることはありませんでしたが、「審判」の人々は天使を見上げています。
また、上空に超越的存在があり、それを3つの存在が見上げるのは「月」のカードにも似ていますが、そこで向き合っているのは、人間ではなく、本能しか保たない獣たちでした。
超越的な存在と人間が真正面から向き合っているカードには「死神」がありますが、死神に向き合うのは「裸」の人間ではなく、皇帝や法王や子供という、身分として向き合っていました。
これまでお互いに向き合ってきたカードというのは法王のような人間同士だけで、しかも、「死神」と同様、衣服を身にまとい、裸の存在の人間ではなく、これまた「聖職者」という身分として向き合っていました。

裸の人間が、超越的存在とはっきりと向き合っているのは、この審判だけなのです。しかも、審判では、人々ははっきりと、超越的存在に向かって、手を伸ばしています。ついにここで、人は超越的存在と真正面から、裸の現存在として向き合うことができたのです。

愚者のように、意図を持たなければ、誘惑されたり幻滅したりすることもないかもしれません。しかし、愚者の混沌は形あるものを何も生み出しません。しかし、人が生み出したものは必ずいつか死を迎え、理不尽な雷に打たれたり、欺瞞にさいなまされたり、誘惑を受けることもあるでしょう。それでも前に進むことを選択し続けた魂だけが、奇跡と正面から向き合い、復活の恩恵を預かることができるのです。(この利害を超えて前に進むこと、外発的ではなく内発的に進むことを選択し続けることを信仰とも言います)

審判は神と人が向き合い、手を取り合った奇跡を描いたカードなのです。

逆位置の審判「『子羊』は羊飼いをコントロールすることはできないのさ」

審判が逆位置で出るとき、「奇跡が起こらないこと」ではなく、「奇跡に期待しすぎること」や、逆に「奇跡をまったく受け入れないこと」に警鐘が鳴らされています。
最後の審判は、新約聖書の「ヨハネ黙示録」に登場しますが、同じく新約聖書の「ルカの福音書」で、イエスは奇跡を認めない人々に対して、

「では、今の時代の人たちは何にたとえたらよいか。彼らは何に似ているか。広場に座って、互いに呼びかけ、こう言っている子供たちに似ている。
『笛を吹いたのに、
踊ってくれなかった。
葬式の歌をうたったのに、
泣いてくれなかった。』」
(ルカによる福音書 7章31から35)

と解きます。要するに、「自分の都合のいいことしか認めない」という稚拙な態度を咎めているのです。

さて、書店でもインターネットでも様々な奇跡の起こし方や、成功論が説かれています。それのどれが正しいか、間違っているかというかはわかりません。しかし、

「これで幸せにしてください!!!」と、すがりつくのも、「そんなの全部嘘っぱちさ。この世は辛くて苦しいんだ」と、自分の不幸に酔うのも、真反対の対応のようで、自分の力や人生を健康的に信じていないという意味では同類の反応です。細菌学の権威であるルイ・パスツールは「幸運は用意された心のみに宿る」と述べましたが、運命はいつ好転するかわからないからこそ、自らに対して誠実に日々を生きることがとても大切になってきます。

あなたの人生に奇跡は起きますが、「ワンチャン狙い」だけで生きてはいけないのです。

このカードからのアドバイス

一般的なアドバイス

まずは自分が動き出しましょう。
状況が整ったら行動しよう、もう少し勉強してからやってみようなどなど。クリエイティブアボイダンスと言って、人は「何かをやらない」理由を考える時に最もクリエイティブになれるそうです。あなたが動き出せない理由を探すよりも、まずは動いてみましょう。運命はあなたが動き出した後で、ついてきて回るものです。悲運を嘆いて一生を過ごすよりも、あなたが動き出すことで運命を回しましょう。

恋愛向けのアドバイス

確かめる作業に執心しすぎないでください。
「運命の人」というのは恋愛の中で求められる一つの像かもしれません。「君と先に出会っていれば」という台詞はドラマなどでよく耳にしますが、「その人」が本当かどうかを確かめたり、悩んだりするよりも、あなたがどうしたいのか、ということに軸足を置いて考えてください。あなたがとった行動の結果はすべてあなたに帰ってきます。相手が運命の人かどうかはわかりませんが、あなたの決断に対する結果は、いつでもあなたの手のうちにあります。疑心暗鬼になって気を病むよりは、あなたがどうしたいのかに軸足を置いて、行動していきましょう。運命はそのあとでドラマチックに展開していきます。運命を待つ必要はあなたにはないのです。

お仕事・転機に向けてのアドバイス

ビッグウェーブ探しに執心しすぎないでください。
あなたは5年前に流行ったものを何か覚えていますか?3年前は?半年前は?
高度に情報化が進み、大消費社会となった昨今、時流に乗れば一気にはやりますが、それは本当に一時的なものです。業界の動向を必死に探っても、その動向はすぐに変わってしまうこともあるでしょう。
トレンドや将来を探ることも大切ですが、まずはあなたがどのような形で世界に貢献したいのか考えましょう。
世界が変わっても、あなたのやりたいことの軸が変わらなければ、変わり続ける世界の中でも、あなたはいつでも奇跡のような存在たりえるでしょう。

参考画像・文献

ウェイト版の図柄


By パメラ・コールマン・スミス Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像。ファイルは http://www.sacred-texts.com/tarot/ より

マルセイユ版の図柄


By Jean Dodal (http://www.tarot-history.com/Jean-Dodal/) [Public domain], via Wikimedia Commons

参考文献

鈴木志保「ちむちむパレード」


可愛いタロットをゲットしよう!


このサイトで使っている可愛いタロットカードをいますぐ手に入れてみませんか?




ワンコインであなたのお悩み解決します

あなたのお悩みを、可愛いタロットカードでもっと具体的に、もっと詳しく解決させていただきます。初めての方限定、500円でなんでも一件鑑定させていただいています。ご利用者様ほぼ全員から最高評価をいただいた鑑定を体験してみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

小学校の時にタロットに出会って以来、かれこれ20年以上タロットを取り扱っている。多くの人を占うだけではなく、自作のタロットを作るに至る。大学では分子生物学を専攻。趣味はイラストとゲーム作り。本業の傍ら、タロットを自由に楽しむ人が増えればいいなという思いからサイトを作る。