むぎのタロットの作者から直接タロットを学びませんか?むぎのタロットスクール・オンラインサロン好評開催中!

タロットの意味:ペンタクルの5

むぎのタロットのペンタクルの5です

31-5 ペンタクルの5

スート×番号のもつ意味
  • ペンタクルの意味:収穫、完成品。財産。自然が生み出すもの。家族。
  • 5(ゲブラ:厳格):各スートによってもたらされる対立や喪失
  • 基本的な解釈

    貧しそうな男女が教会の灯の前を歩いています。
    男性のほうは怪我をしているようで、とてもつらそうです。
    アーサー・ウェイトはこのカードに以下のような解釈をつけています。

    二人の乞食が吹雪の中を歩いていて、灯の灯った窓の前を通り過ぎようとしている。
    魔女の家BOOKS アーサー・ウェイト「タロット公式テキストブック」

    また、正位置の解釈に以下のような説明をつけています。

    このカードは特に物質面でのトラブルをあらわす。
    魔女の家BOOKS アーサー・ウェイト「タロット公式テキストブック」

    「喪失」に対してカップでは精神的な苦痛にフォーカスしていましたが、ここでは物質的な苦痛にフォーカスされているようです。
    いずれにせよこのカードは金銭面や物質面での不足を表します。
    また、教会の灯のほうに彼らは目もくれず歩いています。
    教会は本来は彼らのような貧しい人々を支える働きもあるはずです。
    彼らは物質的に困っているだけでなく、実はすぐそばに用意されてる救いも見えなくなってしまっているようです。

    正位置

    物質的な困難、金銭面での困難をあらわします。
    取り掛かろうとしている物事に対して金銭面での不足がありそうです。このカードがでてきたときには自力で解決するよりもなんらかの支援を周囲に求めることが大切となります。
    人間関係を占った場合であっても、まずは物質面・環境面での安定をはかることが大切であると告げられています。
    金銭面で特に困っていない場合には健康状態について言及されている可能性もあります。いずれにせよ、今は自分自身のコンディションを整えることが大切であるようです。

    逆位置

    逆位置でも正位置とあまり意味はかわりませんが、より深刻な状況となります。
    ウェイトはこのカードの逆位置に以下のような注釈をつけました。

    混乱。混沌。不調和。不品行
    魔女の家BOOKS アーサー・ウェイト「タロット公式テキストブック」より

    物質面や健康面での不足が精神にも影響をきたしていることが示唆されています。仕事関連にせよ、人間関係にせよ、このカードの逆位置がでてきたときには自分だけの問題にはせず、周囲の力を借りて、まずは問題解決よりも自分自身を整えることが必要であると告げられています。

    インデックスに戻る

    2022年12月17日@神戸・2023年1月21日・22日@東京個展開催

    むぎのタロットの個展を開催します!


    ・神戸会場:2022年12月17日
    ・東京海上:2023年1月21日・22日
    ・新作イラスト、グッズの展示
    ・ここだけで受け付けている対面鑑定なども実施します。




    「むぎのタロット」好評販売中


    むぎのタロット
    ・フルデッキ78枚
    ・60pの解説書つき
    ・ウェイト版準拠なので持っている解説書がそのまま使える
    とても可愛い使いやすいタロットです。


    「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中


    ・月額1000円で質問し放題、学び放題のオンラインサロン「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中です。



    「むぎのタロットスクール」好評開講中


    ・全ての講座が一回完結
    ・資料はすべてデータでお渡し
    ・とにかくわかりやすくて、楽しくて、その日から占えるようになる!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください