むぎのタロットの作者から直接タロットを学びませんか?むぎのタロットスクール・オンラインサロン好評開催中!

タロットの意味:小アルカナの9について

9のカード

各スートの9のカードは、第9セフィラのイェソドに対応しています。
セフィロトの樹
イェソドは、星としては「月」に。概念としては「基礎」に対応します。

しかし、それぞれのスートのカードをみると、基礎とは言い難いカードが多いようにかんじます。この9という数字をどう解釈すればいいのでしょうか?
エリファス・レヴィはこの9に対して以下のように説明をしています。

九という数は神の反射の数である、すなわち神という抽象的偉力を表わすが、同時にまた信仰における行き過ぎ、そこから発する迷信と偶像崇拝をも表わす。
それ故ヘルメスはこれを秘法伝受の数字としたのであり、それというのも秘法伝受者は迷信の上に君臨し、また迷信を利用して君臨し、そして外套にくるまり、燈火で照らされ、杖を助けに、暗闇の中を独りで歩くことが出来るからである。
理性はすべての人間に授けられているが、しかしすべての者がその使い方を心得ているとは限らない。身につけるべきものは学問である。自由はすべての者に差し出されている、しかしすべての者が自由になりうるとは限らない。手に入れるべきものは権利である。力は万人のためにある、しかし万人がそれに支えられる術を心得ているとは限らない。確保すべきものは実力である。
人文書院 エリファス・レヴィ「高等魔術の教理と祭儀」ー教理篇ーより

レヴィは、9は「神の反射の数」であると述べ、神の「抽象的偉力」のみならず、迷信や偶像崇拝をも表わすと示しています。
また、その後、「理性」だけでは使い方を心得ておらず「学問」が必要であり、「自由」だけでは「自由」はなり得ず、「権利」が必要といった形で、それぞれの概念の実現には、それを正しく行使するために手に入れるべきものが描かれています。
また、ヨハネ黙示録、ヨブ記など、聖書の中の様々な箇所で、神は「真なる信仰」を試すために偶像崇拝であったり、災厄であったりを人々にもたらします。
また、「悪魔」のような「不信仰」は信仰があるからこそ存在するものです。
これはグノーシス主義にもつながります。つまり、神の偉大さはその偉大さゆえに、迷信や偶像崇拝といった「反射」を生み出すのです。
そのため、各スートの9では、そのスートが完成するために現れる「葛藤」「反射的な出来事」が描かれます。
各スートの完成形は10のカードです。10のカードの「反射」としての要素の「9」として捉えることで各カードの本質が見えやすくなるのかなと思います。

各スートの9について

ワンドの9
カップの9
ソードの9
ペンタクルの9

インデックスに戻る

2022年12月17日@神戸・2023年1月21日・22日@東京個展開催

むぎのタロットの個展を開催します!


・神戸会場:2022年12月17日
・東京海上:2023年1月21日・22日
・新作イラスト、グッズの展示
・ここだけで受け付けている対面鑑定なども実施します。




「むぎのタロット」好評販売中


むぎのタロット
・フルデッキ78枚
・60pの解説書つき
・ウェイト版準拠なので持っている解説書がそのまま使える
とても可愛い使いやすいタロットです。


「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中


・月額1000円で質問し放題、学び放題のオンラインサロン「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中です。



「むぎのタロットスクール」好評開講中


・全ての講座が一回完結
・資料はすべてデータでお渡し
・とにかくわかりやすくて、楽しくて、その日から占えるようになる!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
yuki
小学校の時にタロットに出会って以来、かれこれ20年以上タロットを取り扱っている。多くの人を占うだけではなく、自作のタロットを作るに至る。大学では分子生物学を専攻。趣味はイラストとゲーム作り。本業の傍ら、タロットを自由に楽しむ人が増えればいいなという思いからサイトを作る。