タロット死神(恋愛占いでの意味・解釈)


カード概要

キーワード

終焉・再生

カードの詳しい解釈

タロット意味:13 死・死神(逆位置)

2017.02.19

タロット意味:13 死・死神(正位置)

2017.02.19

恋愛占いでこのカードが出てきた時のアドバイス

ご注意
タロットカードの解釈は、カードの配置や、他のカードとの兼ね合い、また、相談者の状況によって変化します。おみくじや辞書的に取り扱うのではなく、全体の「文脈」の中で解釈してください。

正位置


「終わってしまうこと」「離れてしまうこと」への恐怖を手放しましょう。
このカードが即、あなたの関係の終了や、別れを暗示するわけではありません。(と、私は思います。)
しかし、あなたの中で「終わってしまうこと」「離れてしまうこと」に異常な恐怖があるのではないかと死神は指摘しています。

人が別れが辛いのは、寂しさや、やるせなさのせいだけではありません。
「自分に価値がなくなってしまうのではないか」という怖れもその原因です。

ウェイト版の死神のカードをもう一度いてみましょう。「生産」する女帝は気を失い、「権威」やこれまで積み上げたものを象徴する「皇帝」は王冠や笏を投げ出して地に伏せています。

一つの関係が終わるとき、あなたは気持ちだけではなく「○○の恋人」「○○のパートナー」と言った肩書きを失います。また、片思いであれば、「恋をしている」状態を失います。

「確かに、「わたし」が終わらせてしまうものもある。しかし、君の価値はそれだけではないだろう?」

あなたの関係が終わってしまっても、あなたの心の尊さ(法王)や、生まれたままのあなたの価値(子供)は決して失われません。皇帝の権威は、交換可能なものです。女帝は気を失っているだけなので、死神が去れば、またその意識を取り戻すでしょう。たとえどれほど辛い思いをしても、どれほど寂しくても、将来が不安でも、あなたの回復不可能なものは一切失われません。
気高く穏やかな死神は、あなたが「別れ」や「離別」を恐れすぎないように語りかけています。

逆位置


「過去」と決別しましょう。
あなたの中には、何度も何度も蘇ってくる恋愛のパターンや、思い出があるかもしれません。
そして、新しいものが訪れても、無意識にそのパターンを思い出したり、繰り返したりしてしまっているのではないでしょうか。
そのパターンを断ち切るために、あなたは色々な本を読んだり、誰かに相談したり、綺麗になったり、仕事をがんばったり、努力をしてきたかもしれません。

でも、新しいものを入れるよりも前に、あなたは「過去」と決別することが必要です。
細胞は、1日に10%以上も入れ替わっていきます。その「過去」の「あなた」と「今」の「あなた」は全く違う細胞からできています。
過去の「あなた」ときっぱり決別して、今のあなたを大切にしましょう。

参考文献

R.レイン「好き? 好き? 大好き?」

B.ヴィアン「うたかたの日々」


タロット講座開講中!



ほぼ毎週土曜日、時々日曜日に
13時から渋谷で1回完結のタロットレッスン行っています!
参加者にはむぎのタロットプレゼントつき!
その日からタロット占いが自分でできるようになる・自分でどんどんタロットが勉強できるようになるスペシャル講座です。
少人数制でじっくりお教えします。
お申し込みはこちらから

LINE@はじめました

占い追加情報・スクール情報やLINE@限定オリジナルイラストを配信します
友だち追加
ご登録いただけた方にはイラストプレゼント!

(登録いただいた方にはカラー版がプレゼントされます)
今後はLINE@限定カレンダーなども配信予定です


「むぎのタロット」をゲットしよう!

こちらでタロットカード販売しています


※2019年1月13日(日)販売再開予定

ここだけでしか手に入らない可愛いカードで楽しいタロットライフをはじめましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

小学校の時にタロットに出会って以来、かれこれ20年以上タロットを取り扱っている。多くの人を占うだけではなく、自作のタロットを作るに至る。大学では分子生物学を専攻。趣味はイラストとゲーム作り。本業の傍ら、タロットを自由に楽しむ人が増えればいいなという思いからサイトを作る。