むぎのタロットの作者から直接タロットを学びませんか?むぎのタロットスクール・オンラインサロン好評開催中!

タロット意味:ソード2

むぎのタロットのソードの2です

ソードの2

スート×番号のもつ意味
  • ソードの意味:知性、闘争、対立、怒り、感情の乱れ、知性の使用
  • 2(コクマー:叡智):各スートが調和的にはたらくことでおこること
  • 基本的な解釈

    2本のソードを胸の前でクロスした女性がえがかれています。
    女性は目隠しをしており、後ろには静かな水と三日月がみえます。とても静かな印象を受けるカードです。

    アーサー・ウェイトはこのカードに対して

    もともとソードは一般に人間にとって恵のあるシンボルではないので調和や他の好ましい暗示は条件つきのものであると考えるべきである。
    魔女の家BOOKS、アーサー・E・ウェイト「タロット公式テキストブック」より

    と述べています。人間関係の新しい絆や喜びを寓意していたカップの2とちがい、このカードは単純に良い状況をあらわしているのではなさそうです。

    勝利をめざすソードにとって「調和」とは、最終的な平和ではなく、自分の感情を抑え込み、心の安定をたもって冷静な一手を繰り出す「自己との調和」です。必ず勝者と敗者をつくる「勝利」を目指すソードは他者との真の意味での「調和」を作ることはできません。自己の内面との「調和」をはかり、勝利のための最善の一手を下す。そのためのノイズには目を向けない、そんな様子がここでは描かれています。

    正位置

    理性をはたらかせ、冷静に問題解決をはかることが求められています。

    わきあがる感情や情動をおさえこみ、状況に対して冷静に、最善の一手を打つことを決めるカードです。

    このカードがでてきたときには問題を解決することができますが、そのためには自分の私情や感情を抑え込み、冷静に解決策を実行していく必要があります。また、そのためには客観的に自分の内面をみつめる必要がでてきます。心を落ち着かせ、わきあがる恐怖や恐れをおさえて、ただ最善の一手を自力でうつ必要があること、あなたが冷静になってノイズから目を背ける必要があることがこのカードに示唆されています。

    逆位置

    逆位置では理性を調和させ、冷静に対応するという正位置の働きが過剰や不足にはたらていると考えます。

    過剰の場合には、問題を解決しようとするあまり、自分の感情を押し殺しすぎて、バランスを崩してしまうことを示唆します。
    何か問題を解決したいときには、その問題さえ片付けばすべてがうまくいくと考えがちですが、究極のゴールは「自分が幸せを感じること」であることはいつでもかわらないはずです。
    問題を解決しようと焦るあまり、もっと大切なものを犠牲にしようとしていないか、自分の思いを無視してしまっていないか、カードは示唆しています。

    不足の場合には、自分のヒステリックな感情にふりまわされて問題を分析できなくなってしまっていることが示唆されています。
    少し問題を客観的にとらえ、ノイズに囚われている状況から少し距離をおきましょう。冷静になれば案外問題解決の糸口があっさりとみえてきそうです。
    インデックスに戻る

    2022年12月17日@神戸・2023年1月21日・22日@東京個展開催

    むぎのタロットの個展を開催します!


    ・神戸会場:2022年12月17日
    ・東京海上:2023年1月21日・22日
    ・新作イラスト、グッズの展示
    ・ここだけで受け付けている対面鑑定なども実施します。




    「むぎのタロット」好評販売中


    むぎのタロット
    ・フルデッキ78枚
    ・60pの解説書つき
    ・ウェイト版準拠なので持っている解説書がそのまま使える
    とても可愛い使いやすいタロットです。


    「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中


    ・月額1000円で質問し放題、学び放題のオンラインサロン「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中です。



    「むぎのタロットスクール」好評開講中


    ・全ての講座が一回完結
    ・資料はすべてデータでお渡し
    ・とにかくわかりやすくて、楽しくて、その日から占えるようになる!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください