むぎのタロットの作者から直接タロットを学びませんか?むぎのタロットスクール・オンラインサロン好評開催中!

タロットの意味:小アルカナの8について

8のカードについて

各スートの8のカードは第8セフィラのホドに対応しています。ホドは「栄光」を司るセフィラです。
セフィロトの樹
「栄光」というタイトルに反して、各スートの8のカードはあまり明るくない印象のカードも多いようにかんじます。

セフィラと8の各カードをどう考えていけばいいのでしょうか?
エリファス・レヴィは8に対してこのような説明を加えています。

原因は結果を通して現われ、結果は原因とつりあう。「神の言」、「唯一無二の言葉」、「聖四文字」も四組の創造によって確認されたのである。人間の生殖力は神の生殖力の証明である。神の名「イォド」とは「第一原理」に備わって不滅の精力である。己れの姿を無限に拡大することによって「神」なるものを理解したとき、人間は自分が「神」の姿になぞって作られたものであることを理解したのである。
 「神」を無限大の人間と理解したとき、人間は自分に向かってこう言ったのである。私は有限の「神」であると。
(中略)
己れの判断の基盤そのものを帰納的(ア・ポステリオリ)に確立したのちに、すなわち照応の普遍的法則を通じて、原因の活力そのものの中に含まれている結果から原因を理解したのちにはじめて先験的(ア・プリオリ)に判断するという点において魔術は神秘主義と異なる。従って隠秘学においては一切が現実的であり、理論は経験の基礎の上においてのみ確立される。
(中略)
言い換えれば原因において真実であるものは結果においても実現される。実現されないものは存在しないのである。言葉の実現、これが正しい意味における「言」である。

人文書院 エリファス・レヴィ「高等魔術の教理と祭儀」ー教理篇ーより

8についての説明の中で、レヴィはいくつか対になるものをとりあげています。

  • 「神」ー「人間」
  • 「帰納的」ー「先験的」
  • 「原因」ー「結果」

物事が「現実」になるとき、先立つ「概念」と、それに伴う「実行」があります。「概念」と「実行」は独立しておらず、実行から概念を辿ることもできれば、概念から実行を導き出すこともできます。
8はそのあとの9を経て、最終結果である「10」に行き着きます。その「10」に向かうための「概念」と「実行」の接続点である8では、10である結果にむかうために。実現のステージへ向かうために必要なステップが寓意されています。
そのため、ここでの「栄光」とは、概念の「完成」のためにもたらされる具体的な変化と考えるのがいいのではないかと思います。

各スートの8のカード

ワンドの8
カップの8
ソードの8
ペンタクルの8

インデックスに戻る

2022年12月17日@神戸・2023年1月21日・22日@東京個展開催

むぎのタロットの個展を開催します!


・神戸会場:2022年12月17日
・東京海上:2023年1月21日・22日
・新作イラスト、グッズの展示
・ここだけで受け付けている対面鑑定なども実施します。




「むぎのタロット」好評販売中


むぎのタロット
・フルデッキ78枚
・60pの解説書つき
・ウェイト版準拠なので持っている解説書がそのまま使える
とても可愛い使いやすいタロットです。


「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中


・月額1000円で質問し放題、学び放題のオンラインサロン「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中です。



「むぎのタロットスクール」好評開講中


・全ての講座が一回完結
・資料はすべてデータでお渡し
・とにかくわかりやすくて、楽しくて、その日から占えるようになる!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください