むぎのタロットの作者から直接タロットを学びませんか?むぎのタロットスクール・オンラインサロン好評開催中!

タロットの意味:小アルカナの5について

5のカードについて

[/colwrap]

5のカードについての概説

5のカードは第5セフィラであるゲブラに対応します。
セフィロトの樹
5という数字について、エリファスレヴィは以下のようにのべています。

「五芒星」は四大要素に対する精神の支配を表明するものであり、空気の悪霊、火の精霊、水の魔物、地の亡霊は、この徴しによって縛り付けられる。
この記号を武器に、適当な準備を整えるならば、諸君の魂の眼にも例えることができる能力を介して無窮を見極め、天使の軍団と悪霊の隊列を自分の配下に使えさせることも可能である。
(中略)
さらにまた「賢者の石」の作成にとって、「大作業」の達成にとって必要な独特の「溶解爐(アクタノール)」の正確な寸法を割り出すのにも、この「五芒星」が使われるのである。「第五元素」を錬成できるもっとも完璧な蒸留器はこの形態に合致し、そして「第五元素」自体が「五芒星」の徴しによって象られるのである。
人文書院 エリファス・レヴィ「高等魔術の教理と祭儀」ー教理篇ーより

つまり、5の数は小アルカナの各スートを寓意している四大元素を縛り付け、支配し、そしてそこから第五元素を蒸留するものであるとのべています。第五元素とは、神々の空間(宇宙)を満たしているエーテルという物質のことです。
レヴィは四大元素を支配し、蒸留することでエーテルが得られると考えていました。
また、四大元素はそれぞれ、温度と湿り気によってそれぞれ異なる性質をもちます。

四元素の性質
  • 火:熱+乾
  • 空気:熱+湿
  • 水:冷+湿
  • 地:冷+乾
この相反する四大元素を統合する5の数字は、各スートの「対立」「対立による喪失」がもたらすものが描かれています

各スートの5のカード

ワンドの5
カップの5
ソードの5
ペンタクルの5

インデックスに戻る

2022年12月17日@神戸・2023年1月21日・22日@東京個展開催

むぎのタロットの個展を開催します!


・神戸会場:2022年12月17日
・東京海上:2023年1月21日・22日
・新作イラスト、グッズの展示
・ここだけで受け付けている対面鑑定なども実施します。




「むぎのタロット」好評販売中


むぎのタロット
・フルデッキ78枚
・60pの解説書つき
・ウェイト版準拠なので持っている解説書がそのまま使える
とても可愛い使いやすいタロットです。


「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中


・月額1000円で質問し放題、学び放題のオンラインサロン「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中です。



「むぎのタロットスクール」好評開講中


・全ての講座が一回完結
・資料はすべてデータでお渡し
・とにかくわかりやすくて、楽しくて、その日から占えるようになる!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください