むぎのタロットの作者から直接タロットを学びませんか?むぎのタロットスクール・オンラインサロン好評開催中!

タロットの意味:ワンドの7

ワンドの7

スート×番号のもつ意味
  • ワンドの意味:活動、アクション、動き、冒険、挑戦
  • 7(ネツァク:勝利):各スートが強力にはたらいたときにおこること
  • 基本的な解釈

    高い崖の上から、若者が6本の棒をいなしています。数の上では圧倒的に不利ですが、若者に慌てた様子はありません。
    ウェイトはこのカードに対して以下のような説明を加えています。

    6人の相手に有利な位置を占めて戦う勇気のカードである。
    魔女の家BOOKS アーサー・ウェイト「タロット公式テキストブック」

    各スートの7のカードはそのスートが強く働いたときに何がおこるかを示唆しています。
    エネルギーの拡大、活動を意味するワンドでは、その働きが強くなった時、より勢力が拡大することをめざして有利に立ち回り、積極的に活動することが描かれています。
    「相手より優位にたつ」という目的を達成するためにソードの場合は相手を出し抜いたり、アンフェアな状況を作り出してでも「勝とう」としますが、ワンドの場合は、興味の中心があくまで「自己の拡大」にあるため、相手を出し抜くよりも自分を有利な場所において、より勢力を拡大することに力点をおきます。
    ワンドの勝負はいつでも公平な「競争」なのです

    正位置

    このカードがもつ、「優位な状況で物事をすすめる」ということが中庸にはたらいていると考えます。
    ビジネスでも、人間関係でもこのカードがでてきているときには有利な条件でうまく物事をすすめることができることを示唆します。このカードが出てきている時点で何か障害や困難があることもまた予想されますが、あなたはその障害や困難や競合相手に対して優位な立場にたってうまく物事をすすめることができそうです。
    勇気をもって行動すれば必ず勝利がえられることを教えてくれているカードです。

    逆位置

    逆位置では、このカードの「優位な状況で物事をすすめる」ということが過剰や不足に働いていると考えます。
    過剰の場合には「相手に優位にたちたい」と考えすぎるあまり、その裏返しで「誰かにだしぬかれてしまうのではないか」「今日この瞬間にもライバルに差をつけられてしまっているのではないか」と不要な焦りにとらわれていることを警告してくれています。
    不足の場合には、問題に対する実力や情報が不足しており、物事をすすめていくためには情報収集や具体的な努力がまだ必要であることを示唆しています。

    インデックスに戻る

    2022年12月17日@神戸・2023年1月21日・22日@東京個展開催

    むぎのタロットの個展を開催します!


    ・神戸会場:2022年12月17日
    ・東京海上:2023年1月21日・22日
    ・新作イラスト、グッズの展示
    ・ここだけで受け付けている対面鑑定なども実施します。




    「むぎのタロット」好評販売中


    むぎのタロット
    ・フルデッキ78枚
    ・60pの解説書つき
    ・ウェイト版準拠なので持っている解説書がそのまま使える
    とても可愛い使いやすいタロットです。


    「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中


    ・月額1000円で質問し放題、学び放題のオンラインサロン「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中です。



    「むぎのタロットスクール」好評開講中


    ・全ての講座が一回完結
    ・資料はすべてデータでお渡し
    ・とにかくわかりやすくて、楽しくて、その日から占えるようになる!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください