タロットの意味:ソードのキング

むぎのタロットのソードのキングです

ソードのキング

スート×番号のもつ意味
  • ソードの意味:知性、闘争、対立、怒り、感情の乱れ、知性の使用
  • キング(コクマー:叡智):各スートにおいての完成、成功がもたらすもの

  • 威厳のある王が剣をもって王座にすわっています。ソードは厳しさをともなうスートですが、ウェイトはこのカードにこのような説明を加えています。

    ここに登場する王は裁判を行う者であり、抜き身の剣を手にしている。その姿は大アルカナの伝統的な「正義」のシンボルを思い出させる。彼は「正義」を表現し、殺生与奪の権利を握る立場にある。
    魔女の家BOOKS アーサー・ウェイト「タロット公式テキストブック」より

    実際、このカードは正義のカードに構図がよく似ています。ですが、正義では剣は垂直にたてられており、公平さを示す天秤が描かれていたのに対して、キングのカードでは剣は斜めになっており、また、もう片方の手には何も握られていません。このことから、彼は公平に何か判断を下す人というよりは、自分が生かすものと殺すものの判断をし、そして自らの手でそれを実行していく人であることがわかります。
    自分の正義を無邪気に信じることができていたソードのナイトは、ガラハッドのように勇しく進むことができましたが、ソードのキングは「正義は一過性のものではなく、戦いとはどちらが正しいとか間違っているではなく、異なる正義のぶつかりあいだ」と理解しているように見えます。ただ、十分に強い彼はそこで、その剣をとめるのではなく、「自分が絶対に正しいとは思わない。でも、この剣をとるときめたのであれば、私は私の責任をもって殺生与奪を決めていく」と覚悟をきめているように見えます。
    このカードは自分の意思で何かを決めていくこと、時には痛みをともなう判断であっても、自分が決めた道であれば道をまげてはいけないことを示唆しています。

    正位置

    決意・決断を寓意するカードです。正義のカードにも少し似ていますが、正義が客観的に公正、公平であることを重じていたのに対して、ソードのキングは「あなたがどう思うか」「あなたがどう判断するのか」というあなたの決意そのものに重きをおいています。剣はどうしても痛みを伴います。ですが、ソードのキングはリスクがあったとしても、決断を下す必要があることを告げてくれています。

    逆位置

    逆位置の場合には正位置でのキーワードが過剰や不足にはたらきます。
    不足の場合には、自分で決めることができないこと、気持ちがフラフラと揺れ動いてしまうことへの警告がなされています。
    逆位置の場合は、このカードがもつ「裁き」の負の側面が大きく出てきます。歴史上の暴君と呼ばれる人々は、しばしば「粛清」をおこないました。権力は言うなれば理由つきで特定の人に「暴力」を委任することですが、その権力を振るう人の判断があやまっていれば大量虐殺や気に入らない臣下の処刑ということにつながっていきます。
    実際の生活ではこのような粛清にあうことは、ほぼないでしょうが、ここからわかるのは「決めつけ」によって人はどこまでも残酷になれるということです。
    逆位置のソードのキングは、あなたが決めつけで誰かを捌いてしまっていないかを警告してくれています。
    救いとしてこのカードが出てくる場合には、決定権者の重積から逃れることができることを示唆する場合もあります。

    インデックスに戻る

    タロットの各カードの意味

    むぎのタロット通販

    「むぎのタロット」を買う


    このサイトでつかっている可愛いタロットを購入できます!
    むぎのタロット

    むぎのタロットスクール

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUT US

    yuki
    小学校の時にタロットに出会って以来、かれこれ20年以上タロットを取り扱っている。多くの人を占うだけではなく、自作のタロットを作るに至る。大学では分子生物学を専攻。趣味はイラストとゲーム作り。本業の傍ら、タロットを自由に楽しむ人が増えればいいなという思いからサイトを作る。