むぎのタロットの作者から直接タロットを学びませんか?むぎのタロットスクール・オンラインサロン好評開催中!

タロットの意味:カップの8

カップの8

スート×番号のもつ意味
  • カップの意味:精神、閃きの受容、愛情、喜び、空想、受動性
  • 8(ホド:栄光):各スートが次のステージにいくためにおこること
  • 基本的な解釈

    暗い夜の風景の中を、男が一人、きれいにつまれたカップを背に歩き出します。
    たおれてしまったカップを名残惜しげに眺める5のカードとは対照的に、彼はきれいにつみあがったカップから自ら離れていっています。
    アーサー・ウェイトはこのカードの正位置にこのような解説をつけています。

    このカードは述べた意味のほか、喜び、温厚、内気、名誉、謙遜などの意味もある。実際には、ものごとの衰退や、良きにつけ悪しきにつけ重要とおもわれていたことが実際にはそうではかったということをあらわす。
    魔女の家BOOKS アーサー・ウェイト「タロット公式テキストブック」より

    各カードの8のカードは完成のために、必要なこと、次のステージにいくために必要なことを示唆します。
    例えば、新しい家庭をつくるためには生まれ育った家庭を出て行く必要があるように、カップが寓意する愛情や精神性は「永遠」に続くものではなく、ステージごとに形をかえていくものでもあります。
    愛情がともなうものからの別離、変化はとても悲しいものです。
    ですが、その悲しみを乗り越えて、後ろを振り返ることなく次のステージに進んでいける人は真に大切な愛情を受け取ることができるひとでもあるのです。

    正位置

    このカードがもつ「手放し」「離脱」が中庸にはたらいていると解釈します。
    今あるものを手放して次にむかう時がきています。
    人は遠くにいる天使よりも近くの慣れ親しんだ悪魔とつきあいがちです。
    慣れている状況からの変化はそれそのものが人間にとっては大きなストレスです。
    ですが、どんなに素晴らしいもの、素晴らしい関係でも「その時」がきたら必ず次のステージへとすすんでいきます。「別れ」は「出会い」と表裏一体のものです。
    このカードは対象が人にしろ、仕事にしろ、モノにしろ、あなたが慣れ親しんだものをあなたの決断で手放していくことで次に進めることを示唆しています。

    逆位置

    逆位置の場合には「手放し」や「離脱」が過剰や不足にはたらいていると解釈します。
    過剰の場合は、「手放し」という前向きなものではなく「逃避」になってしまっていないかという警告です。
    どんな物事にも完璧はなかなかありません。逆位置のカップの8は、あなたが物事や人の欠点を大きくみすぎてしまって、まだ学ぶ余地があるにもかかわらず、性急に「逃避」しようとしていないか警告をしてくれています。
    不足の場合はその逆で、もう「手放し」「離脱」の時がきているのに、そのものごとに執着してしまっていることへの警告です。
    どんなにおいしいご馳走も長く起き過ぎて腐ってしまったら食べられません。執着を手放して、次のステージへと進んでいく準備をしましょう。
    インデックスに戻る

    2022年12月17日@神戸・2023年1月21日・22日@東京個展開催

    むぎのタロットの個展を開催します!


    ・神戸会場:2022年12月17日
    ・東京海上:2023年1月21日・22日
    ・新作イラスト、グッズの展示
    ・ここだけで受け付けている対面鑑定なども実施します。




    「むぎのタロット」好評販売中


    むぎのタロット
    ・フルデッキ78枚
    ・60pの解説書つき
    ・ウェイト版準拠なので持っている解説書がそのまま使える
    とても可愛い使いやすいタロットです。


    「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中


    ・月額1000円で質問し放題、学び放題のオンラインサロン「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中です。



    「むぎのタロットスクール」好評開講中


    ・全ての講座が一回完結
    ・資料はすべてデータでお渡し
    ・とにかくわかりやすくて、楽しくて、その日から占えるようになる!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください