むぎのタロットの作者から直接タロットを学びませんか?むぎのタロットスクール・オンラインサロン好評開催中!

むぎのタロット講座 第23話 タロットカードの意味を知ろう! 19 太陽

むぎのタロットの太陽です

タロットの大アルカナの太陽のカードの意味をまとめました。正位置・逆位置のほか、恋愛、仕事などそれぞれのシュチュエーション別の意味を学ぶこともできます。
(2022/10/10更新)

解説動画

1 太陽の概要・キーワード

ホップ

きれいだけどちょっと不穏だった月のカードと違って、太陽はなんか、安心して信じられる、前向きで元気なカードって感じだね

むぎ

マルセイユ版のころから明るいカードだったけど、ウェイト版になってより前向きになったような気がするね

マルセイユ版の太陽

ウェイト版の太陽

むぎのタロットの太陽です
むぎのタロットの太陽

ホップ

なんか、明るくて元気でいいイメージのあるカードって、月や死神みたいなちょっと怖いカードと違って、区別がしにくいきがするんだよね。
星も太陽もなんかハッピーじゃん?みたいな。

むぎ

そうだね。僕が「いいカード悪いカードって決めない方がいい」っていってる意図もそこだよ。「いいか悪いか」っていう二元的な考えじゃなくて、そのカードがそれぞれどんな個性をもってるかを考えた方がいいと思うんだ。

ホップ

それでいったら太陽ってどんな個性があるの?

むぎ

一言でいうなら「めちゃくちゃ前向き」なカードかな。

ホップ

前向きってポジティブってこと?それだったら星とあんまりかわらないんじゃないの?

むぎ

うーん、ポジティブっていうより「未来だけを見つめてる」っていう意味での前向きだねえ。

ホップ

まあ、ひまわりも太陽も前むいてて元気そうだけど、元気そうなカードだったら他にもあるよね?太陽のカードって他のカード以上にそんなに前向きなの?

むぎ

いくつか絵の中にもポイントはあるんだけど、特徴的なのは塀かなあ。

ホップ

塀って、この馬と子供の後ろにあるやつ?

むぎ

そう。このひまわりと馬の間にある塀だね。このカードをイラストとして捉えたら、この塀なくしてひまわりを全面にかいたほうが、なんか明るくて前向きで可愛い気がするんだ。でもあえて、この塀はここに描かれてるんだ。

ホップ

確かに…そうだね。ひまわりと太陽で元気いっぱい!!って感じにしたかったら、なんかこの灰色でちょっと陰気な塀はなくていいかもしれないね。

むぎ

そうなんだ。この無くても問題がない塀があるせいで、子供と馬は後ろに下がれなくなってるんだよ。

ホップ

あ、ほんとだ。ちょうど腰の高さぐらいの塀だもんね。

むぎ

そんな感じで、「もう前にしか進めない」ように描いてる上に、このカードのモチーフはみんな全部前むいてるんだよね。向日葵って本当は太陽の方を向いて咲くはずだから、太陽が後ろにあるなら本当は後ろむいてなきゃいけないのに、子供と同じ方向向いてるし。

ホップ

なるほどねえ。このカードはこれから未来に進んいく、っていうか、これまでのことは振り返らないで前にしかすすまない、ってかんじのカードなんだね。

むぎ

そうなんだ。だからこのカードは単なる幸運とか成功っていうより、それこそ夏の日のひまわりのように、どんどん成長していく、伸びていくっていうこと路表してるんだよ。

太陽 図柄の解説

燦々と光り輝く太陽の下に、旗を持って馬にまたがった幼い子供がいます。子供の背後には塀がえがかれており、馬と子供は背後には戻れないようになっています。明るいカードはたくさんありますが、その中でも「太陽」は前に進むこと、成長していくことが強調されているカードです。アーサー・ウェイトはこのカードに対して「人間の永遠の進歩を先導する申請にして偉大なる光」と説明しています。ニーチェは人間の魂の成長段階の最後の段階として、全てを受け入れる「赤子の魂」を置きました。肉体には限界があり、いつまでも成長することは難しいかもしれません。ですが、魂はいつまでも、命が終わった後も無限に前進をし、前にすすんでいくことができることを描いたこのカードは、未来にむかった成長をカード全体で表現しています。

キーワード

成功・繁栄

2 太陽の正位置・逆位置の意味

ホップ

成長や前進を表すカードなのはわかったんだけど、このカードも逆位置がちょっとイメージしにくいな。特に「成長や前進」が「過剰」になって悪いことって何かあるの?

むぎ

成長することや前進することは決して悪いことではないんだけど、その成長や前進に期待をしすぎるのは僕はよくないんじゃないかなと思うよ。

ホップ

どういうこと?

むぎ

継続は力なり、なんていうけど、毎日何かの努力を継続しても、必ずコンスタントに結果が出るとは限らないと思うんだよね。

ホップ

ああ…勉強でもダイエットでも停滞しちゃうときってあるよね

むぎ

んでね、人が何かを諦めちゃうときって、そういう「頑張っても結果がでない」みたいな、成長に執着してる時なんじゃないかなって思うんだ。

ホップ

ああ…確かにそうかも。

むぎ

だから逆位置の太陽の過剰は、その成長に執着をしてしまって焦りが生まれてる状況なんかが当てはまるんじゃないかなって僕は思うんだよね。

ホップ

なるほどねえ…やっぱり何事も「適切」なレベルってのがあるんだね

エクササイズ1:正位置の意味・逆位置の意味を考えてみましょう

正位置・逆位置の一般的な意味について、カードの絵をみて考えてみましょう。
いったん、自分の言葉でまとめてみてから次に読み進むことをお勧めします。

考えてみよう
  • このカードの正位置はどんな意味だと思いますか?カードの絵やここまでの説明を参考に自分の言葉で考えてみましょう。
  • このカードの逆位置はどんな意味だと思いますか?カードの絵やここまでの説明を参考に自分の言葉で考えてみましょう。
    逆位置については、過剰・不足それぞれ考えましょう。
  • 逆位置のカードが必ず悪い意味というわけではありません。逆位置のこのカードがいい意味や、アドバイスで出てきた場合どのように読めばいいでしょうか?考えてみましょう

太陽の正位置・逆位置の意味

正位置

成功・繁栄をポジティブにストレートに解釈します。
「太陽」の子供はひまわりの咲いた塀を背にしています。彼には「後ろ」がないのです。強調されたひまわりのような前髪は、チャンスの神カイロスの前髪のようです。「太陽」の絵は成功や繁栄を表しますが、同時にその成功や繁栄に執着しないことも示唆しています。無邪気な子供のように、成功・成長・繁栄を享受し、あなたの目的に向かってまっすぐ進んでいってください。

逆位置

長や繁栄にこだわりすぎて焦りがでないよう警告されています。成長はいつでも右肩上がりとは限りません。365日、晴れの日が続くことがないように、失敗することもあれば、結果が伴わないこともあります。ちょっと失敗したぐらいで、「全部ダメ!」と決めつけないで!と太陽は警告しています。雨の日だって、見えていないだけで太陽はいつでもあるのです。逆位置の太陽は、停滞している時こそ、雲の向こうの太陽を信じることの大切さを教えてくれています。

逆位置を不足として読む場合

さほど成長や成果が期待できないことを表します。全く結果が実らないわけではないのですが、思ったほどの成果を受け取ることには至らないようです。

逆位置を過剰として読む場合

成長への期待が大きすぎて、焦りが出てしまっていることへの警告です。どんな順調なものでも一時的な不調や停滞はあります。そこで焦ってしまわないことが大切だとカードは告げています

逆位置を前向きな意味やアドバイスとして読む場合

進行がゆっくりであるため、力を蓄えることができること、すぐに結果を求めすぎないことの大切さをアドバイスしてくれています

3 太陽の恋愛、仕事など状況別の意味

ホップ

恋愛でもお仕事でも、みんな発展していってほしい、成長していってほしいっていう気持ちはありそうだから、太陽のカードは恋愛でも仕事でも読みやすそうだね。

むぎ

そうだね。太陽のカードの持ってるイメージはいろんな場面で応用貸しやすいんじゃないかなと思うよ。あとは、仕事に関していうと、逆位置の過剰は「急成長に組織がおいつかない」とかって考えてもいいかもね

ホップ

ああ…なるほど。仕事に関していうと一気に人気になっちゃって疲弊しちゃうとかもありそうだもんね。実は人間関係でもそんなパターンもあるのかな?

むぎ

順調に進み過ぎて心の準備がおいつかない、ってことは考えられそうだね。

ホップ

カードの意味を覚えなきゃ、って考えたらしんどいけど、カードの持ってる概念を自分の言葉で掴んで、考えていくっておもうと結構楽しいね。

むぎ

そうだね。大アルカナのカードも残り後もう少しだからこの調子で最後まで頑張ってみよう

エクササイズ2:恋愛・仕事などそれぞれの状況ごとの意味をまとめてみよう

カードの仕事・恋愛・家庭生活など状況ごとの意味をカードの絵をみながら考えてみましょう。
いったん、自分の言葉でまとめてみてから次に読み進むことをお勧めします。

考えてみよう
  • このカードが仕事に関する相談で出てきた場合は、どんな意味だと思いますか?正位置・逆位置それぞれ考えてみましょう。逆位置については過剰・不足・アドバイスでそれぞれ考えてみましょう
  • このカードが恋愛に関する相談で出てきた場合は、どんな意味だと思いますか?正位置・逆位置それぞれ考えてみましょう。逆位置については過剰・不足・アドバイスでそれぞれ考えてみましょう
  • このカードが結婚生活・家庭に関する相談で出てきた場合は、どんな意味だと思いますか?正位置・逆位置それぞれ考えてみましょう。逆位置については過剰・不足・アドバイスでそれぞれ考えてみましょう

3-1 太陽の仕事での意味

正位置

  • 仕事での成長・発展が期待できる
  • これから先の結果を期待することができる
  • これから先の利益を十分に期待することができる

逆位置

不足として読む場合
  • 思ったほどの成長が見込めない
  • ゆっくりとした成長・成功になりそう
  • 成長が頭打ちになってしまう
過剰として読む場合
  • 成長や結果にこだわりすぎるあまり、焦りがでてきてしまっている
  • 短期的な不調でヤケになってしまって努力をやめてしまわないほうがいい
  • 成長の速度が早過ぎてスタッフなどの体制などがおいつかない
前向きな意味や、アドバイスとして読む場合
  • 成長や発展にこだわりすぎず、マイペースに進むことも大切
  • 長い目で見て焦らずにじっくり対策をしていく
  • 結果をだすことだけにこだわりすぎないことも大切。

3-2 太陽の恋愛での意味

正位置

  • 二人の関係がおおいに発展していくことが期待できる
  • 順調に関係をすすめていくことができる
  • 急速に距離を縮めていくことができる

逆位置

不足として読む場合
  • なかなか思ったようには進まない恋愛
  • 関係は悪くはないが、進展には少し時間がかかる
  • 前に進むきっかけがなかなか掴めない恋愛
過剰として読む場合
  • 関係を進めたい気持ちがからまわりして焦りにつながっている
  • 結果を気にし過ぎることがかえって悪影響になっている
  • 展開が早過ぎて追いつけない恋愛
前向きな意味や、アドバイスとして読む場合
  • 他と比べたり、進展がないことを嘆くより、毎日楽しく過ごすことに集中すべき
  • 焦らずにマイペースに関係を進めていくことが大切
  • 停滞しているときにヤケを起こさないようにする

3-3 太陽の家庭・結婚での意味

正位置

  • パートナーや家族との関係が非常に順調である
  • (結婚の場合)順調に結婚に向けてすすんでいくことができる
  • 順風満帆な家族・結婚生活

逆位置

不足として読む場合

  • 結婚に向けての話が思ったほどスムーズにすすまない
  • 家族に関する問題の解決に少し時間がかかる
  • 家族やパートナーの仕事や学業に関する成長が伸び悩む

過剰として読む場合

  • 発展や成功を願う気持ちが空回りしすぎていてパートナーや家族にプレッシャーになってしまっている
  • 結果を出すことへの焦りがパートナーや家族によくない影響を与える
  • 急激な家族の状況の変化に対応することができなくなっている

前向きな意味や、アドバイスとして読む場合

  • 家族屋パートナーのそれぞれのペースを尊重する
  • 結果や成長を感じられないとしても焦らない
  • 結果が出ないことを嘆くよりも、今この瞬間一緒にすごせるかけがえのない時間を喜ぶことが大切

次のお話

むぎのタロットの審判です

前のお話

むぎのタロットの月です

2022年12月17日@神戸・2023年1月21日・22日@東京個展開催

むぎのタロットの個展を開催します!


・神戸会場:2022年12月17日
・東京海上:2023年1月21日・22日
・新作イラスト、グッズの展示
・ここだけで受け付けている対面鑑定なども実施します。




「むぎのタロット」好評販売中


むぎのタロット
・フルデッキ78枚
・60pの解説書つき
・ウェイト版準拠なので持っている解説書がそのまま使える
とても可愛い使いやすいタロットです。


「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中


・月額1000円で質問し放題、学び放題のオンラインサロン「むぎのタロットオンラインサロン」会員募集中です。



「むぎのタロットスクール」好評開講中


・全ての講座が一回完結
・資料はすべてデータでお渡し
・とにかくわかりやすくて、楽しくて、その日から占えるようになる!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
yuki
小学校の時にタロットに出会って以来、かれこれ20年以上タロットを取り扱っている。多くの人を占うだけではなく、自作のタロットを作るに至る。大学では分子生物学を専攻。趣味はイラストとゲーム作り。本業の傍ら、タロットを自由に楽しむ人が増えればいいなという思いからサイトを作る。