電話占いはじめました

辛い恋のお悩み終わらせます 相手の気持ちを知って、恋を前に進めたいあなたへ

むぎのタロット講座 第4話 カードの意味を知ろう! 0愚者

第4話:タロットカードの意味をしろう! 0愚者

このお話で学べること

  • 愚者のカードの構図、モチーフを理解しよう
  • 鑑定で愚者が出てきたときの意味をしろう!

4−1 愚者ってどんなカード?

ホップ
よーし、大体の意味はわかったから1枚1枚のカードの意味を教えて!
むぎ
おっけー。
じゃあ今日はこのカード愚者だよ。
カードの説明はあとでじっくりするから、
まずは、説明を聞く前に
自分の目でマルセイユ版とウェイト版を比べてみよう
愚者のカード
ウェイト版愚者

By Jean Dodal (http://www.tarot-history.com/Jean-Dodal/) [Public domain], via Wikimedia Commons

マルセイユ版愚者

ホップ
マルセイユ版ではおじさんだったのが、ウェイト版ではお兄さんになってるね
あと、ウェイト版のお兄さんのほうが服装も綺麗だし、なんだか楽しそうだね
むぎ
そう。
マルセイユ版の愚者は道化としてかかれてるけど、ウェイト版の若者は「道化」にはみえないんだよね
あとは、体の向きをかえたのもちょっときになるね。
ホップ
むき??
むぎ
マルセイユ版の愚者は右をむいてるけど
ウェイト版は左をむいてるよね。
僕はそれもきになるんだ。
ホップ
からだの向きが違ってることってそんなに大きな違いなの?
むぎ
ホップは楽園追放の絵をみたことある?
ホップ
なにそれ?
むぎ
創世記でね、アダムとイヴがエデンの園から追い出されるとこを描いた絵なんだ。「楽園追放 絵画」で検索してみてよ。
ホップ
おお、なんかいっぱいでてきた。
むぎ
いろんな人が題材で描いてるからね。
でも、どの人が描いた絵も右をむいてない?
ホップ
ほんとだ!!右をむいた絵ばっかりだね。
むぎ
それに対して、ダヴィッドのナポレオンの凱旋は、彼の偉大さをPRするために描かれただけど、左をむいてるよね。
ホップ
へー、言われてみたらそうだね。
むぎ
反例はいくらでもあるだろうし、確たる根拠があるわけではないんだけど
伝統的にどうも、右向きは逃げる向きで
左向きはゴールに向かう向きなんだよね。
加えて、服装も華美に描き変えられて、表情も晴れやか。
ウェイト版では明らかにこの若者は「旅立ち」を迎えてることが強調されてると僕は思うんだ。
ホップ
なるほどねえ。
確かに愚者のお兄ちゃん、楽しそうだもんね。
でもさ、バカさ加減も強くなってない?
マルセイユ版では普通のところ歩いてるけど、
ウェイト版は崖っぷちだよ?
むぎ
そうだねえ。馬鹿さ加減でいうなら、
バトンの使い方もなかなかだねえ。
タロットではバトンの使い方にそのカードの個性がとても出てるなって僕は思うんだけど
他のカードで魔法の道具に使われてるこのバトンを
こともあろうに、荷物をもつ棒につかちゃってるからね。
本当に、この愚者は「何もわかってない」んだよ。
ホップ
しかも、数字も0だしね。
このカードがでてきたら「おバカさん」って読んじゃったらいいの?
むぎ
まあ、そういう風に読む場合もあるんだろうけど
「何もわかってない」ことは本当にいけないことなんだろうかね。
ホップ
どういうこと?
むぎ
僕はね、心の中にこの愚者がいなくなっちゃたらとっても寂しいと思うんだ。
ホップ
寂しい?
むぎ
僕たちは生きていく上で、合理的かどうか、
理性的に判断しないといけないよね。
合理的にいろんなことを考えて進歩を重ねるのが正しいっていわれているよね。
それは全く間違ってないし、僕は進歩や進化を否定する気もない
でも、入り口は合理的じゃなくていいと思うんだ。
ホップ
どういうこと????
むぎ
世界には成功している人はたくさんいるけど、
その人が「それ」を成し遂げる「必要」はなかったと思うんだ。
アインシュタインは文学者になってもよかったし
ナポレオンは物理学者になってもよかったし
ベートーヴェンは政治家になってもよかったはずだ。
でもならなかったのは何故だろう。
ホップ
えー・・・それはみんなそれぞれ才能が違うから
むぎ
そうだね。
でも、才能があるかないかはやってみないとわからないよね?
何者になってもかまわない僕たちが、「何者か」にいつかなっていくのは
僕は単純に理由のない「好き」って気持ちだと思う。
「先の保証」があるから、動いたんじゃない。
ただ、そこに足がむいたから動いた、それだけの「非合目的性」があると思うんだ。
ホップ
そっか。トレーニングや努力は合理的でも
「なぜそれをはじめたのか」はみんな、愚者のようにただそっちに歩き出したからなんだね。
むぎ
そう。
だからこのカードが正位置にでているときは「非合目的性」「カオス」の中庸
つまり、「天衣無縫」な感じで解釈をすればいいし
逆位置のときは、その中庸が過剰か不足にはたらいて
無計画に物事を進める愚かさや、
逆に自分で自分の視野を狭めている狭窄さで解釈するといいだろうね。

4-1 愚者ってどんなカード?


キーワード
自由・混沌

4-1−1 カードの説明

明るく照りつける太陽の下、身軽な出で立ちで旅たつ若者を描いたカードです。
マルセイユ版では右を向いた道化の中年男性の姿で描かれていましたが、
ウェイト版では、右向きの身なりの良い若い男性に書き換えられました。
若者の顔つきは明るく、心からこの旅立ちを楽しんでいるように見えます。
しかし、彼が立っているのは、今にも足を踏み外しそうな崖っぷちです。
また、ウェイト版でもマルセイユ版でも犬が、警戒をするように足元をつきまとっています。

彼を前に進ませるのは、確かな未来や、繁栄ではなく、
「今」この瞬間の喜びだけなのです。未来にも過去にもつながっていない、「今」この瞬間を、彼は生きています。

4-1-2 正位置での解釈

正位置での愚者は、「保証のないこと」「先がわからないこと」をポジティブな意味で解釈します。

私たちは、当たり前のように、メリット・デメリットを天秤にかけて、日々の行動を決定しています。

「成功の保証」が得られてから行動することが当たり前のようになっています。


しかし、思い出してみてください。あなたが子供の頃、

夢中で打ち込んだ物は、何か「メリット」のあるものでしたか?
校庭で全力でやったドッジボールは、何かを「学ぶ」ためにやっていましたか?

海岸で白い貝殻を探したのは、石の裏のキラキラ光る虫を探したのは、

何か「利益」を得るためでしたか?


あなたが夢中になること、本当にやりたいことというのは、非合目的的なのではないでしょうか?

「警告」に耳を貸さず、「将来」を考慮しないで進む若者は「愚か」です。

しかし、「得になること」「成功する保証のあること」しか、

私たちがやらなくなってしまったら、それは、「楽しい」人生なのでしょうか?

いつか、わたしたちには決定的な断崖が、「死」が訪れます。

その「崖」に向かって進んでいくことは確定した未来です。
愚者が正位置で出るとき、私たちは先に訪れる崖ではなく、「今この瞬間」の自分の気持ち
を大切にすることを求められています。

4-1-3 逆位置での解釈

逆位置の「愚者」は、「自由」なこと、「未決定」なことのネガティブな側面に注目します。

「自由」は、近代になって人々が手に入れた「大いなる恐怖」の一つです。

身分制度に縛られた「中世」は、不自由であったかもしれませんが、

農民に生まれたら農民としての一生が決まり、

貴族として生まれたら貴族としての一生が決まる、
「楽な」時代と言えたかもしれません。
また、実験によって、真偽を確かめることは、
今となっては当たり前の事ですが、
それは、見方によっては、「神様がこう仰ったから」という事を
無邪気に信じる事ができなくなった不幸な有様と言えるかもしれません。
事実、権力を打ち倒し、史上初めて、多くの人が「自由」を享受するようになって、
世界に台頭したのが、圧倒的な独裁者が大衆を扇動する「ファシズム」でした。
「自由」には選択の勇気が伴います。
「自由」を享受する勇気がない時、
人は自らの心に「制限」を設けて、「○○があるから××できない」という
「不自由」の袋小路に自らを追い込みます。

逆さまに成った愚者の若者は、私たちが自ら作った「不自由」に疑問を投げかけます。

また、野放図に振る舞うことは、一見「自由」に見えるかもしれませんが
今を見つめる恐怖から逃げ出すための「過剰な自由」は
問題の本質から自分を遠ざけ、やはり自分んで自分を縛ってしまいます。
愚者の逆位置は、そういった「自由」が中庸から外れたことで生じる
「自由」のネガティブな側面を暗示しています。

4-2 占いで愚者が出てきたとき受け取れるメッセージ

4-2-1 一般的なメッセージ

正位置

「今」この時から、未来を眺めると、未来は無数の枝のように広がっています。
その無数の枝は、あなたが一歩を踏み出すことによって、収束していきます。
あなたはいつでも、無数の未来がたった一つの過去に変わる、特異点にいるのです。

客観的なデータによる比較検討や、「誰か」の意見ではなく、
「今」あなたが感じることに従ってください。

逆位置

自分で作っている無意識の制限はないか、目を向けてみましょう。

「あの人が邪魔をするから」「あれができないから」「あれがないから」

あなたが抱えている悩みや困難は、実はあなたが先に進むのが怖いために、

あなた自身が作り出したものではありませんか?

「悩む」ことと、「考える」ことは違います。

ひょっとしたら、この悩みの根源は、あなたがそもそも、実はそれをやりたくない事にあるのかもしれません。

本当にそれはやらないといけない事なのか。やりたい事なのか。

自分の心に問いかけましょう。

4-2-2 恋愛でのメッセージ

正位置

「私が本当に好きなの?」「次はいつ会えるの?」「将来をどう考えているの?」

人を好きになると、私たちは「保証」を求めがちです。
好きになればなるほど、不安も大きくなるように感じます。
しかし、思い出してみてください。あなたがその人を好きなのは、
その人があなたに「何か」してくれるからですか?
あるいは、「何か」を持ってたり、出来たりするからですか?

恋は、人に残された、抗えない「本能」的な行動のひとつです。
あなたの心の中の「理由のない好き」な気持ちを大切にしましょう。

相手は自由にならないこともあるでしょうが、あなたの行動はあなたが選ぶことができます。
おいしいものを食べたり、ゆっくり休んだり、好きな映画や本を見たり、
まずは、あなたが「好き」なことであなたを満たしましょう。

そして、損得勘定抜きの、あなたの「好き」に向き合ってください。
何かの答えや行動を起こすのはそれからでも遅くありません。

逆位置

あなたはこの恋愛に対して、清水の舞台から飛び降りるような覚悟や、
自分を縛り付ける窮屈さや、自分の思う通りに進む事ができない鬱屈を
感じているのではありませんか?
あなたは未来に対して、どの道を選ぶこともできます。
しかし、逆に言うなら、どれかの道を選ばなければいけません。
M.エンデは、「自由の牢獄」で、選択するという苦役に課せられた男の姿を描きました。
あなたには、本来、すべての選択が許されています。
その選択の結果を恐れるよりも、あなた自身の選択する権利を信じてください。
その袋小路を作っているのは、あなたの心です。

4-2-3 仕事でのメッセージ

正位置

あなたが心からやりたいことは何か思い出しましょう。
いつか「死ぬ」ことが確定的なあなたは、
あなたの「今」をあなたの心から選ぶことができていますか?
「好きなことをして生きるなんて理想論だ」
「現実はそんなに甘くない」
「今こんなに頑張ってつらいのに、この上さらに理想を目指せなんて酷だ」

「愚か者」の無謀な提案に、聡明なあなたは苛立つかもしれません。

仕事を変えることが難しくても
「あなたの「好き」」を、「今」よりもほんのすこしでも「大切」に考えていくことは、
「今」からできるのではないでしょうか?
今すぐには具体的な行動は起こさなかったとしても、
あなたが本当に大切にしたいもの
好きなものについてきちんと考える時間をとってみましょう。

逆位置

あなたの置かれている状況は、あなたにとって好ましいものではないかもしれませんが、
その状況を作り出した一端にあなたがいることを思い出してください。
これは、「自己責任だ」とか「あなたにだって悪いところがある」とかいう論法で、
あなたを責めるものではありません。
完全な客観など存在しないということを認識する必要があるだけです。
あなたの不自由や、不満を作り出す要因に、あなたも参加していることに気がついた時、
あなたは本当に自分のために、自分の望む行動や選択を取ることができるようになります。
あなたを縛り付けるものを、あなたの外だけに探さないでください。
あなたを縛っているあなた自身を受け止めましょう。
そして、あなたの中の「恐れ」への反発ではなく、
あなたの本当の「望み」に目を向ける時間を増やしていきましょう。


前のお話

むぎのタロット講座 第3話 正位置・逆位置について/大アルカナ概説

2019.01.19
次のお話

むぎのタロット講座 第5話 タロットカードの意味を知ろう! 01 魔術師

2019.02.03

目次

電話占いはじめました

辛い恋のお悩み終わらせます 相手の気持ちを知って、恋を前に進めたいあなたへ

むぎのタロット通販

「むぎのタロット」をゲットしよう!

こちらでタロットカード販売しています


※販売再開しました!
ここだけでしか手に入らない可愛いカードで楽しいタロットライフをはじめましょう!
むぎのタロットスクール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

小学校の時にタロットに出会って以来、かれこれ20年以上タロットを取り扱っている。多くの人を占うだけではなく、自作のタロットを作るに至る。大学では分子生物学を専攻。趣味はイラストとゲーム作り。本業の傍ら、タロットを自由に楽しむ人が増えればいいなという思いからサイトを作る。